スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

野辺山でやったこと

意外と楽しくクリアした初プチウルトラ。
私が心掛けたのはこんな感じ。
①1ヶ月前に走ったフルの完全疲労抜き
②お尻の筋トレ2パターンと休足日はハーフスクワットと腸よう筋の筋トレ
③エイドで必ず食べる
→ガス欠防止。たけのこの里2個で5Kも走れる
→手ぶらで走る方が楽
④上りも下りも同じ歩幅で同じリズムで走る
→下りは特に飛ばし過ぎないようにして、足を温存。走れない上りは早足で休憩しない
⑤好物を預ける荷物に入れて楽しみを作っておく
⑥エイドで個包装のチョコを2個くらい盗んで、ポケットに入れておく
→これもガス欠防止。走るのが遅かったので、ガス欠しやすかったのと、
 あらかた食べ物がなくなっていたので、自己防衛策。
 ちょっとおなか空いたかも?と思ったときにすかさず補給
⑦チョコにお塩を時折つけて食べる
→塩分補給。甘しょっぱくて案外美味しかったけど、非常時だからなせる業かも

振り返ると、あんまり練習もしてないし、あんまり食べてもいないですね~
フルだとどうしても食べ過ぎて内臓がつかれちゃうから、
ウルトラではちょこちょこ補給を試してみました。
お陰で、「途中で内臓がやられて食べられなかった」ということもなくよかったかも。

それにして楽しかったなー。
今年の目標、ひとつクリア。
スポンサーサイト
2013-05-25(Sat)
 

野辺山71K

走ってきました、野辺山!
初のプチウルトラ。
長野の後で疲労を抜く以外、なにもできなかったけど、完走できちゃった。
やったね!

土曜日の23時東京を出発し、2時に現地入り。
駐車場で仮眠を取って、3時半過ぎに受付。
71Kに出る私は42Kか58Kに自分の荷物を預けることができます。
OVER42.195が初めての私、58Kは走れるようにという願いを込めて、
58kに荷物を預けることにしました。
この荷物には、アミノバイタルのゼリー&粉、大好きなケーキ屋さんのマドレーヌと着換えを入れて
自分へのお楽しみ袋にしてみました。

そして、5時にスタート。

野辺山スタート

どんなペースで走ればよいのかわからなかったので、のんびり気味に。
早速トイレに行きたくなり、5Kで10分ちょっと並ぶ。
これであっという間に最後尾のゾーンへ。

のんびり走っていると、地元放送局?のインタビューを受けることに…
インタビューを受けるまで、5分以上カメラを無言で向けられていたので、
どうしていいのやら困っちゃった。

暫く走ると駅。ここでもトイレ休憩して、山道へ。
砂利道&ひたすら上りが始まる。
上りだけど、走れる上り。

景色も抜群!
ここでしおじぃと遭遇。暫く一緒に走ることに。
これはコース最高地点の1908m。
富士山も見えるよ。

最初の山

20Kを過ぎたころ、おなかが下って下って…
トイレに並ぶと混んでいるし、走り出すとOPPだし。
制限時間も危ないし。
とにかく走って走って走りまくる。

それにしても42K地点につかない…
おなかは下るけど、胃は元気だったので、エイド毎にたけのこの里を2つ。
時折クリームパン一口。
たけのこの里は2個で5K走れるんだよ。
グリコのキャラメルよりすごい。

おなか下りまくりで42Kの関門を5時間40分でクリア。
20分しか余裕はないけど、ひとまずよかった。

ここからは未知の世界へ。
下り基調なので、自然に足が前に出るに任せてひたすら走る。
案外楽に45Kまで到着。

とここから、いきなり「あー進まない」。
50Kの関門にはたどり着きたいなと思って、よれよれで関門20分前にクリア。
おそばのエイドがあったけど、おいしく感じられなくて、一口食べておしまい。

ここからは58KのMYごほうびエイドへ。
この8K、死ぬほど長かった…
55Kエイドまでは淡々と進めたのに、58Kにはたどり着かない。
折り返してきた人がたくさんいるから、この先にエイドがあるはずなのに…
上り基調だったので、歩いたり走ったり。
歩くといって、とにかく早足。

一体どこ?どこ?と思いながら、ようやくエイドへの入口へ。
ゼッケンナンバーを読み上げられ、ああ、エイドに着いたんだ、おやつが食べられるんだ!
とほっとする。

エイドでは預けた荷物がすでにボランティアさんに用意されていて、手渡してもらう。
あちこちでお疲れランナーが死体のように寝転がっている。
たまたまパイプいすが空いていたので、座って、袋を開ける。
早速アミノゼリーを一気飲み。
エネルギーが体の隅々に行き渡る感覚。
こんなの初めて★
お手洗いを済ませ、続いてマドレーヌへ。
おいしいおやつは胃に染み渡る!
ついでにエイドでたけのこの里もバクバクいただく。
ちょっと多いかなと思うくらい食べておいた。
これが実は正解だったんだよね!

これが58Kエイド。

野辺山58

ここからは残り13K。
リタイアする人がたくさんいたけれど、「ゴールできる」と根拠のない自信が湧いてきた。
エイドでしっかりエネルギーチャージができたのか、足がどんどん前に進む。
下り基調でもあったので、このレースの難所、馬越峠の入口までは歩かずに走ろうと。
ペースはわからないけど、とにかく淡々と刻むことにした。

60Kを過ぎて、自分がこんな距離を走れてしまうことにテンションMAX。
しかも、疲れてない。辛くもない。
痛いところもない。
不思議なんだけど、とにかく楽(きついにはきつかったんだろうけど…)

ラスト6K。ゴールは確信しつつあったけれど、歩いてしまったら、ちょっと危ない。
だから、フラットと下りは絶対に走って稼ぐ、上りは早足。
とにかく攻めることにした。
ちょっと前を走る女性ランナーも同じ心意気の様子。
ついていきますよ~!

70Kの距離表示が見えて、ああ、もうゴールが近いんだと嬉しくなる。
峠には入っていて、上りになってきたけれど、走れないわけじゃない。
だからゆっくりでも走ってみた。
いいペースの女性ランナーを抜かし、ゴールが見えてくる。
ここで一気にフルのゴールペースにスピードアップ!
電光掲示板で9時間59分と見えたので、絶対10時間以内でゴールしたくなった!
ここで一気にダッシュ!
応援の人にも「いいペースだよ!ナイスラン!」と声をかけてもらって、
ゴール直前でガッツポーズが自然と出ちゃった!
ゴールテープを切って、笑顔のゴール!

ゴールしてみて、自分の体力が余りまくっていることに気付く…
恐ろしいことに、ピンピンしていて疲れてないってば…

自分でも薄々、ウルトラの適性があるんじゃないかと思ってはいたけど、
これほどあったとはね~
71Kの間中、楽しくて楽しくて。
つらいってこともなかったなあ。

野辺山を制する者は、ウルトラを制す。
いつか100Kやってやりましょう。
しかも1発クリアしてやりましょう。

ただ、残念なことに、71Kを走ると42Kが短く感じるんじゃないかと期待して走ったのに、
42Kは長く、71Kは短いという謎の結果に終わりました。
どういうことなのかしら?
2013-05-23(Thu)
 

女子会ラン

今日はステキ女子のさっちゃん企画でレインボーブリッジ&マルシェランに行ってきました。
東京タワーにあるLOVESUPOというランステに集合。
小雨の降る中、レインボーブリッジを目指す。

レインボーブリッジのコースは最近のお気に入り。
お天気が悪かったけど、みんなではしゃぎながら走ったら、あっという間にお台場へ到着。



橋の上から気になっていた、島?に上陸。
すり鉢状になっていたので、早速下ってみた!



ここは都内とは思えない、大自然が!
今度はラン&ランチで来てみたいな~★



走り終わった後は、赤坂のアークヒルズでやっているヒルズマルシェへ。
農家さんこだわりのお野菜を試食して買うことができます。
国連大学前でやっているファーマーズマーケットと同じタイプ。



お友達の戦利品。
私はチンゲン菜以外をお買い上げ。



端っこに見える黄色いのは人参。
葉っぱも生のままサラダで食べられるので、
お家に帰って早速サラダにしていただきました!

このあと、お友達のお誕生日ランチをして、解散!

久々に女子なお出かけ。
やっぱりこういうお出かけは楽しいな~
2013-05-11(Sat)
 

石岡トレイル

GWも」前半の話ですが…
石岡トレイルランレースに行ってきました。
去年出て、「いちごが恐ろしいほど沢山食べられる」のが素敵すぎて、
今年もエントリーしちゃった。

長野翌週だけど、野辺山も待ってる…ということで、ミドル17K。
行きの高速が事故渋滞でスタートギリギリの到着。
ばたばた準備して、はい、スタート!

制限時間4時間でゆっくり走ろうなんて思っていたのに、
案外いいペースの集団に入っちゃった。
去年渋滞した最初の上りも流れる渋滞。
そこが終わるとトレイルコースへ。

いいペースの男性にくっついて気持ちよく走っていたけど、
激しい上りで闘争心に着火マン。
上りだけは強いので、男性陣を抜きまくり。
こんなつもりじゃなかったのにと思っていたら、階段下りで一気に逆転される。

林道の舗装路に出ると、一気に下りになるので、男性陣の怒涛の追い越し。
まあいっかーと思いながら、足の負担をなくすために、
落ちる感じを意識して下ってみる。

給水をもらって、トレイルコースへ。
確か次の給水までに、きっつい上り階段があったなーと思っていたら、
はい、出ました!
延々と続く階段だけど、ゆっくり上るときつさ倍増なので、
心臓バクバクさせながら、一気に上る。
上がりきったところの給水でコーラをもらって、最後のひと踏ん張り。

ミドルとロングの分岐を少し行ったところに、このレースのハイライト。
200mの激上り登場!
ここは一気に上るしかありません。
走るよりもスピード上げて、体重を感じる前に上る!
お休憩しちゃうと、きつさが増すからね~
呼吸もしてないじゃないの?って勢いで一気に上っていたら、
並みいる男性陣をほとんど抜かしてた…

上りきると、そこからは走れる下りのトレイル。
最初は足の踏ん張りが効かなかったけど、
途中から慣れてきて、ガンガン走れるようになっていました。

下りきると、あとはあぜ道をひた走り、ゴールへ。
この辺にくると、へばってる人が多いから、頑張り甲斐があるんだよね~

ラスト女性を1名抜かして、9位でゴール。

走り終わった後は、おいしいイチゴを嫌いになるまで食べてきました。
イチゴ絶ちしてたから、五臓六腑に染み渡るね。
出してくださったのは、べにほっぺととちおとめ。
べにほっぺのほうが甘味がつよくて、とちおとめは酸味もあるんだって。
走ったあとはべにほっぺのほうがいいかも。
農家の方が朝摘んでくださったとか。
卵くらい大きい粒もあって、「各農家の方がこの大会用に用意してくれている」んだそうです。
※オレンジのジャンバーのおばちゃんがイチゴ農家の方だそうで、
マシンガントークで説明してくれました。



ちなみにトレイルコースはこういう、散策コースがあるみたい。
機会があれば行ってみたいな。



<戦利品>
イチゴ4パックとけんちん汁(胃袋にて持ち帰り)
豆乳ドーナツ
ひんやりネッククーラー(女子だけ)
2013-05-09(Thu)
 

長野マラソン沿道レポ


FBにも同じことを書いたのですが、
沿道の応援で印象に残ったことを(^-^)

①少年野球のちびっこがハイテンションで応援してくれる
→もちろんハイタッチしにいく♪
②10K地点のビッグハットで「巨人の星」が流れる。
→もちろん歌う♪
③17K地点エムウェーブではへばってる私におばちゃんが肩をポンと叩いて「頑張って」と個人応援してくれる。
→もちろん泣く♪
④20K地点オリンピック大橋は料金所(中に人がいます)を通過できる。
→もちろん無料♪
⑤28K地点千曲川の橋にいるオカリナ主婦は雪のため、32K地点で童謡を演奏してくれる。
→もちろん目礼♪
⑥34K地点では38K辺りで演奏している、超長いホルン(ヨーデルみたいな)が聴こえて、寒さで逝ってしまったかと錯覚に陥る。
→もちろん生きてる♪
⑦35K地点からの土手は桜?と雪のコントラストが綺麗で、ちょっとキツさが薄れる。
→もちろんキツい♪
⑧さらに個人で和太鼓を叩いて応援してくれる人がいる。
→もちろんテンション上がる♪
⑨40Kからは東京マラソン並の沢山の応援がもらえる。
→もちろんテンションうなぎ上り!
⑩ゴールの競技場ではめちゃめちゃ可愛い女の子とハイタッチし続けてゴールできる。
→もちろん積極的に触りにいく♪

<番外編>
★給水ボランティアのおじさんが「今日からマラソンはウィンタースポーツになった」と宣言していた。
★「がんばれ」じゃなく「頑張ってる頑張ってる」と応援してくれる、ツボを押えたおじさんがいた。

気温0度、雪が降りしきる中、さらに風も強かったのに、いつもと変わらない沢山の沿道の応援がありました。
ホスピタリティの高さと走りやすさは日本一だと思います。
私の一番好きな大会です(*^o^*)
2013-04-27(Sat)
 
プロフィール

chimuc

Author:chimuc
マラソン3年生。
東京マラソンボランティアをきっかけに走り始めました。
好きなことは、走ること、山に行くこと、お菓子にお茶に珈琲に手芸。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。